介護老人保健施設とは

介護老人保健施設とは

病気や障害により要介護状態になった方に対し、医学的管理の下で看護・介護及びリハビリ等を行い、家庭復帰を目指す施設です。
利用者一人一人の状態や目標に合わせたケアサービスを、医師をはじめとする専門スタッフが行い、夜間でも安心できる体制を整えています。

利用ができる方

介護保険法による被保険者で要介護認定を受けた方のうち、病状が安定していて入院治療の必要がない要介護度1~5の方で、リハビリテーションを必要とされる方です。

★65歳以上で介護が必要な方(第1号被保険者)

★40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)で歳をとることで発症する病気(脳血管疾患・糖尿病性神経障害など15の疾病が定められている)によって介護が必要な方

短期入所療養介護(ショートステイ)、通所リハビリテーション(デイケア)は要支援1~2の方もご利用可能となります。

サービス内容

rehabilitation01
介護予防を含めた教育・啓発活動など幅広い活動を通じ、在宅ケア支援の拠点となる事を目指して、ご利用者・ご家族の皆様が快適に自分らしい日常生活を送れるよう支援をしています。
ご利用者に応じて施設入所(ロングステイ)、短期入所療養介護(ショートステイ)、通所リハビリテーション(デイケア)のサービスを提供しています。

このページの先頭へ戻る